« Person who greatly becomes it | トップページ | 記憶と記録 »

2005.10.26

先日のタワーマンション

ふと思いました。
先日行ったタワーマンション。
販売における宣伝費や人件費っていくらかかってるのでしょうか?

とりあえず、先日私が来場する事でかかった費用は
・来場プレゼント(パスネット)5000円
・営業員人件費(2H)2000円+α
・カタログ(約10cm位の厚み+DVD)3000円
なんとなくの計算ですが、ざっと1万円。
これ以外にもモデルルームの建築費、借地代、維持費、光熱費、
受付やシアターのコンパニオン人件費、
販促用PCやモックアップ、接待用飲み物、
ポスティング、新聞折り込み、該当配布のチラシや販促品。
雑誌やインターネットへの広告掲載料、
専用ホームページ制作費維持費、テレビCM制作費、放映料。
などなどもの凄い金額がかかってます。

これって実はマンションの販売価格に含まれているのですよね。
つまり、パスネットもらって喜んでいても、
実は自分の懐から買ってるのと同じです。
またモデルルーム来場者は全員はが購入する訳ではないので、
正確に言うと、
買わない買えない来場者の分も購入者が負担することになります。
つまり多くのマンションは、
多くの注文住宅購入には存在しない、
高額な宣伝費を負担しなくてはならない状況なんです。

モデルルームが素敵とか、カタログが立派なんて喜ぶのも
ちょっと問題がある訳なんですよ。
またここには書いていませんが、
宣伝費以外にも、不動参会社の事務費や利益を乗せられます。
と言うことで、価格だけ考えればマンションは若干割高なんですよね。

と言うことで、
マンションを買う場合は宣伝費のかけ方等もチェックしなくてはいけませんね。
ちなみに宣伝費をかけていても、施工、入居いや、販売終了後は
大半のモノが価値を無くします。
と言うことで、購入者には無駄な負担になってしまうのです。

|

« Person who greatly becomes it | トップページ | 記憶と記録 »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6367/6622157

この記事へのトラックバック一覧です: 先日のタワーマンション:

« Person who greatly becomes it | トップページ | 記憶と記録 »