« ほぼ日手帳2006… | トップページ | Person who greatly becomes it »

2005.10.25

タワーマンションのモデルルームに行ってきました

既にマンションを購入した私ですが、
住宅選びは永遠のタスクです。
なんて言葉は変ですが、
某田町のタワーマンションから招待状が届き、
その招待状持参でパスネット5000円プレゼントって言葉に引かれ
なんとなくモデルルーム見学に行ってきました。

既にというか先日某マンションを契約したので、
後ろめたさを感じつつ、その事実を隠しつつの入場。
最初の感想は「凄い」の一言。
私が契約したマンションのモデルルームを遙か超えるモノでした。
ちょっとした遊園地いや、ディズニーランドって感じです。
大きな木のあるシアタールーム。
高層階の眺望を堪能できる体感シアター。
ものすごい大きさのある完成模型。
商談スペースはパソコンも設置されており、
電子カタログが閲覧可能。
いやぁ、グレードが違いすぎる。
しかも高層階のお部屋を検討されている方には、
VIPルームみたいのもあるとか、、、
足下見られたか、そこは案内されませんでした。

なんだか自分の契約したマンションが小さく、寂しく見えてきました。
いっそのこと、契約済み物件をキャンセルし、
手付金を放棄し、ここ契約したいとか思いましたが、
価格を見てびっくり。
私の物件は坪200万行きませんが、
ここは坪200万オーバーです。

高層階は、、、、、坪315万?!

なんだよここ、家の倍じゃん。
ということで、論外な物件でした。
無理すれば購入も可能ですが、
低層階、しかも10階以下の物件しかてが届かなそうです。
それではタワーマンションの醍醐味がありません。
最低でも中層階以上に住みたいですよね。

と言うことで、
指をくわえつつ、パスネット5000円と書籍の様なカタログを頂いて帰りました。

|

« ほぼ日手帳2006… | トップページ | Person who greatly becomes it »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6367/6560224

この記事へのトラックバック一覧です: タワーマンションのモデルルームに行ってきました:

« ほぼ日手帳2006… | トップページ | Person who greatly becomes it »