« 先日のタワーマンション | トップページ | 時間が経ったんだなぁ… »

2005.10.27

記憶と記録

幾度か登場したが、私の開発チームメンバの一人は、
記憶を残すことが苦手である。
なので、言った指示、読んだメール、
3歩歩くと忘れてる。
そこで間違った仕事を進めてしまう。
そこで、記憶を取り戻せばいいのだが、
取り戻すこともできず、後で取り返しのつかない状況になる。
そこで私に指摘されてやっと記憶を取り戻す。
でも、そこでも取り戻すことができず、
メールを再度読み直して取り戻すこともある。
そこで、記憶を残す為に記録をとりなさいと指示したのだが、
記録を取ることすら忘れてしまうのである。

何故、この様なことになってしまうのか、、、
まずは、今までその様な記憶の運用でも問題なくやってきたのだろう。
たとえば学生は、学習における生産性は求められない。
1つの知識を5分で記憶できるも人もいれば、
数日かかって記憶する人もいる。
が、時間がかかっても、試験で結果を出せばいいだけで、
時間がかかる人は、人より余裕のある時間を過ごせないだけであろう。
仕事においてはそうも行かない。
短時間で精度高い仕事をこなす必要があるからだ。

彼が、今までどのように記憶を残してきたか、
またその残し方が正しかったのかは私は管理することではない。
が、今、部下として仕事をして頂くには、
今の記憶の残し方では、申し訳ないが無理である。
少なからず、記憶を残す為に、記録を取る行為はやって頂きたいものだ。

|

« 先日のタワーマンション | トップページ | 時間が経ったんだなぁ… »

仕事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6367/6670556

この記事へのトラックバック一覧です: 記憶と記録:

« 先日のタワーマンション | トップページ | 時間が経ったんだなぁ… »