« ココログ遅い・・・・・ | トップページ | ココログメンテナンス終了・・・ »

2006.07.11

住宅ローンとゼロ金利解除

久々住宅ネタ。

と言うのも、ゼロ金利解除って話が、

最近、また盛り上がって来たので、、、


そもそもゼロ金利政策ってのは、

無担保コール翌日物の金利を

史上最低の0.15%に下げて、

ほぼゼロにすることです。

ってこんな書き方すると難しいので、

簡単に言えば、

「借金や預金の金利を下げること」

って言うと大げさですが、

まぁ、それに近いものです。

つまり、ゼロ金利解除ってのは、

金利が元に戻る、

つまり、今より上がるって事なんです。

よって、一般家庭で言えば、

良い意味では、

貯蓄時の利息が増える。

悪い意味では、

住宅ローンの金利があがる事なんです。


と言うことで、

ゼロ金利解除になると、

私も含め、住宅ローン金利が不安になるのですが、

住宅ローンにはやっかいな点が2点ほどあります。

一つは、住宅ローン金利の多くは、

契約時ではなく、

資金受け取り時(入居直前)に金利が確定します。

つまり今住宅を購入しても、

物件の竣工が先の場合は、

金利が確定しません。

残念ですが、

今急いで住宅を購入しても無駄になるのです。

ゼロ金利解除が行われた場合、

竣工が先であればあるほど、

金利は上昇すると判断できます。

よって今から物件を購入し、

竣工が先の場合は

借入時に金利が確定する、

住宅金融公庫の公庫融資などを契約し、

保険を打っておくことをお勧めします。

実際に私も、

入居はH19年2月の為、

公庫融資を申込済みです。

竣工後の借入直前に、

金利の安い商品を比較し判断する様にしています。

現時点では固定金利で判断すれば、

公庫融資が一番割安ですが、

将来的にフラット35が安くなればと、

期待をしています。

もう一点は、金利は生き物である事。

住宅ローンを借り入れる方の多くは

30年とか35年とか、

長期的に契約します。

つまり、数十年後の金利は誰も知らず、

金利確定時は正解な金利判断でも、

数年後は不正解になることもあるのです。

現時点では、

ゼロ金利解除によって

金利は上昇すると判断できるので、

短期固定金利や変動金利などで、

借り入れしている方は、

今後、不正解になる事が想定できます。

つまり、今のウチに長期固定等に変更し、

目先の金利上昇を避ける方が良いかもしれません。


と殴り書きの様な内容になってしまいましたが、

ゼロ金利解除ってのは

多くの家庭でマイナスになる材料です。

住宅ローンには大敵ですからね。

ただ、最近、

住宅ローン金利のダンピングが行われているので、

そのまま競争激化してくれればなぁ・・・・

なんて思ってます。

だけれでも、ここ数ヶ月の住宅ローン金利は

上昇傾向なので、それは夢のまた夢かもしれません。

さぁ、私が借り入れる頃は、

どんな金利になっているのでしょうか?(*_*)



 


 

|

« ココログ遅い・・・・・ | トップページ | ココログメンテナンス終了・・・ »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6367/10909290

この記事へのトラックバック一覧です: 住宅ローンとゼロ金利解除 :

« ココログ遅い・・・・・ | トップページ | ココログメンテナンス終了・・・ »