« ヌメ革 iPod nano レザーケース | トップページ | 戸田恵梨香がやばい »

2007.04.27

Reply-To… DoCoMoのメール

先ほど、Gmailの設定で、

ちょいと不要な設定をしておりまして、

その状態でメールを送信してしまう

と言う大失態を犯しました。


具体的に言うと、

Gmailで送信するアカウントのReply-Toに

会社から借用しているアドレスを記載していたのです。

そんな状態でメールを送信してしまいました。

気づいた時は手遅れで、

受信者にはReply-To<借用アドレス>でメールが届く。

で、普通に返信メールボタンを押し、

返信を書かれれば、

当然、メールはそちらに届いてしまう。

飛んだ大失態です。

いやぁ~。どうしましょ。と焦りました。


が、よくよく考えると、送信したメールは

docomo.ne.jp宛、つまり携帯アドレスだったのです。

と言うことは、望みありかもと思い、

早速実験を開始しました。

DoCoMo iModeメール          
     (N902is)はどう認識する?実験

1)
送信情報
    実際に送信したアドレス:a@a.com
    Fromヘッダー:a@a.com
    Reply-Toヘッダー:b@b.com

受信情報
    Fromの画面表示 -> a@a.com
    返信ボタン押下、メール作成の宛先も同様

この実験で、失態は問題無い事が判明。
つまりメーラーはFromヘッダーしか見てない様子です。
Reply-Toはサーバ側で消去されるようですね。

2)
送信情報
    実際に送信したアドレス:c@c.com
    Fromヘッダー:d@d.com
    Reply-Toヘッダー:e@e.comの場合

受信情報
    Fromの画面表示 -> d@d.com
    返信ボタン押下、メール作成の宛先も同様

いわゆる、なりすましメール。
最近多くのSMTPサーバは成りすましを許可しませんが、
無理矢理行ってみました。
結果はFrom見て画面表示しています。

結果!

DoCoMo iModeメールはFromヘッダーを見て、
送信者、返信先を判断する。

と言うことになりました。

ちなみに、Return-pathの事も実験しましたが、

普通、Return-pathは実際に送信するアドレスになるので、

実験の例で言えば、「実際に送信したアドレス」とイコールです。

つまり、Return-pathも関係なく、

Fromだけで判断する様です。


と言うことで、問題回避!

よかった良かった。

  generated by feedpath Rabbit

|

« ヌメ革 iPod nano レザーケース | トップページ | 戸田恵梨香がやばい »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6367/14864278

この記事へのトラックバック一覧です: Reply-To… DoCoMoのメール:

« ヌメ革 iPod nano レザーケース | トップページ | 戸田恵梨香がやばい »