« 濾過一番サンド | トップページ | 席替えしたけど »

2007.05.18

包帯クラブ The Bandage Club

本タイトル: 包帯クラブ The Bandage Club

画像(URL):

コメント:
 今までの天童ワールドに無い様な作品。とは言っても、世界情勢とか、その影響によって被害を受けている人たちの描画はきちんとある。そう言った意味では、天童荒太の作品だと思う。
 今までの「永遠の仔」や、「孤独の歌声」、また「家族狩り」のような痛々しい、いや生々しい表現はなく。万人受けする様な内容だ。途中にでてくる傷を負った人間の例えが、自分にもマッチしそうで、中盤から妙に内容に引き込まれた。
 読み終えて思うことは、やはり心にズシッと響くと言うこと。やっぱり天童荒太の作品は、心に焼き付く。

評価: stars

評価者: orbit.

評価日付: 2007-05-18

著者: 天童 荒太

出版年月日: 2006-02-07

出版社: 筑摩書房

ASIN: 4480687319

  generated by feedpath Rabbit

|

« 濾過一番サンド | トップページ | 席替えしたけど »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6367/15113720

この記事へのトラックバック一覧です: 包帯クラブ The Bandage Club:

« 濾過一番サンド | トップページ | 席替えしたけど »