« Windows版 Safari 3.0.2 少しだけ日本語 | トップページ | イートレード証券IPOポイント »

2007.06.26

名寄せ

懐かしい響き、「名寄せ」。

名寄せとは、もともと金融用語なのだが、

多くの業務システムが稼働する今では、

金融に限った話ではない。

引越、結婚、離婚、入会、退会など、

頻繁に行えるようになった今では、

顧客管理を行えるシステムでは、

この機能の重要性、さらにレスポンスが問われる、

非常に難しい機能の一つである。


そんなこんなで、

その昔、某システムの名寄せ機能に関し、

プログラムの設計と製造を行った事があった。

一見簡単に思える名寄せだが、

仕様一つで答えが180度変わってしまうため、

顧客との要件調整や、最終的なプログラム試験まで

えらい苦労した記憶がある。

さてさて、昨今の年金問題。

対象数の多さと複雑さから、

簡単に解決できる問題ではないと私は思うが、

政府、機関、システムベンダーなどの動きは、

どのような結果を導くか?大変たのしみである。

名寄せ(なよせ)とは、
 従来、特に預金保険法施行以前は、金融機関における業界用語で、同一金融機関内、より狭くは同一支店内に同一顧客(自然人・法人・法人格を有しない団体等を問わない)が、複数の口座を保有することになった場合、後続する口座を開設する際に、顧客属性情報(「名前」「住所」「生年月日」「設立年月日」等)を用いて既存口座との属性一致を確認し、一致する場合は、同一顧客の複数口座として「一元管理」する手続きのことをいう。つまり、当該金融機関の管理上の利便性・正確性を確保するための内部手続きであった。
名寄せ - Wikipedia
  generated by feedpath Rabbit

|

« Windows版 Safari 3.0.2 少しだけ日本語 | トップページ | イートレード証券IPOポイント »

仕事」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6367/15564326

この記事へのトラックバック一覧です: 名寄せ:

« Windows版 Safari 3.0.2 少しだけ日本語 | トップページ | イートレード証券IPOポイント »