« Kaspersky Internet Security 7.0 [3] | トップページ | 鉄道博物館 »

2008.05.07

WindowsXP SP3

本日公開された、WindowsXP SP3。

早速適用を試みるも、致命的な問題が、、、、、

なんとインストール中に、ブルースクリーン。。

かなり焦りました。

が、マシンを強制終了し、

起動すると、WindowsXP起動時にこんなメッセージ。

Set up was interrupted. Restoring prior configuration.

でもって、SP3のロールバックが始まりました。

幾度か再起動の後、SP2の状態に戻る。

その時間が約1時間。。

SP2に復旧後、駄目もとでSP3を再度インストール。

失敗した原因は分かりませんが、

極力インストールに影響を与えない様、

kasperskyやWindowsDefender、

そのほか、落とせるアプリは全て終了と対策。

すると難なく、インストールは完了。

結局原因は掴めていませんが、

とりあえず、インストールは無事終了しました。

もしかしたら、

何かソフトが影響を与えていたかもしれません。

 

インストール後は

kasperskyが異様に警告を出すようになりました。

と言うのも、kasperskyはシステムの重要exeなど、

保護停止中に変更が加わると、危険と予知してくれる様子。

今回はSP上げで変更されているので、

「許可」を選んで警告を解除すること多数。

まぁ、安心の為とは思いつつ、ちょいと面倒でした。

 

インストール後のマシンですが、

特に変わった感じもなく、早くもなく、遅くもなく。

まぁ、入れておく事に越したことは無いでしょうが、

入れたから何ってレベルですかね。

 

|

« Kaspersky Internet Security 7.0 [3] | トップページ | 鉄道博物館 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6367/41124666

この記事へのトラックバック一覧です: WindowsXP SP3:

« Kaspersky Internet Security 7.0 [3] | トップページ | 鉄道博物館 »